島村楽器公式ブログ

全国展開している総合楽器店のスタッフが、音楽や楽器の楽しさや、楽器店にまつわるお話をお伝えします。

これですべらない!? サステイン・ペダルスイッチ「ヤマハ FC4A」を試してみました(実験あり)

f:id:shimamura-music:20150116105458j:plain
前モデルからなんと44年ぶりにリニューアル発売されたフットスイッチYAMAHA「FC4A」を試してみましたのでそのレポートをお伝えします。

シンセサイザー等、各種キーボードには必須のサスティーン・ペダルスイッチですが、各社からさまざまなモデルが発売されています。ペダルなんてどれもみな同じでしょ?・・と思うのは大間違い!耐久性はもちろんですが、演奏時の安定性はプレーヤーにとって非常に重要なのです。
たとえば複数のキーボードをライブで使用するケース。この場合、おそらく足元はこんな感じではないでしょうか。
少々わざとらしいかも・・・


f:id:shimamura-music:20150116105524j:plain
演奏中にペダルが滑って動いてしまい、違うキーボードのペダルを踏んでしまった・・という経験をされた方もいらっしゃると思います。ライブステージではガムテープ等で固定したりするのですが、安定していないペダルより安定しているほうが良いにきまっています。

さて、今回発売されたヤマハの「FC4A」はピアノのサステインペダル型スイッチタイプのフットスイッチで、前モデル「FC4」に比べ耐久性の向上、および踏み込み時の安定性の向上を実現したモデルとなっているとのこと・・・というわけで新製品のFC4Aをヤマハさんにお借りしてじっくりチェックしてみました!

ペダルに求められる安定性とは?

前述のとおりサスティーン・ペダルは踏んでもズレにくい =「安定性」が非常に重要なわけですが、まず静止状態にあるペダルについて力学的な見地から考えてみましょう。

ご存知の通り、床に置かれたペダルには重力(W)と垂直抗力(N)という2つの力が働いています。

f:id:shimamura-music:20150116105555p:plain


垂直抗力というのは質量を支えるために床から受ける上向きの力のことです。このペダルは現在静止しているのでニュートン運動方程式 F=ma(F:力、a:加速度、m:質量)で表すと、加速度aは「ゼロ」つまり、

m×0=F ⇒ F=0 ・・・力がゼロ!


運動方程式のFは「力の総和」&「残っている力」でもあるので、今は「重力と垂直抗力が釣り合っている(プラマイ=ゼロ)」すなわち

W=N

という平和な状態です。

※注1)「加速度=ゼロ」は必ずしも静止している状態だけを表すわけではありません。仮に氷上のスケートの様に極めて摩擦係数の少ない状態においては、等速度運動となり加速度ゼロでも動いていることになります。映画「ゼログラビティー」「インターステラー」のような感じですが、しかし等速度運動を行うサスティーンペダルを目にする機会はこの先おそらく無いと思いますので、ここでは深く考えなくてけっこうです。

それを踏まえ、

さて肝心の新製品「FC4A」を見てみましょう。

前モデルFC4(左)と新製品FC4A(右)を比較してみます・・見た目のサイズも少々大きくなっていて頑丈そうですね。

f:id:shimamura-music:20150116105709j:plain

踏み込みインプレッション

FC4Aは前モデルのFC4よりも踏み込み時の安定性が向上しているとのことですが、まずは踏みごこちをくらべてみました。経年で多少ヘタり気味のマイFC4と比較するのは少々アンフェアかなあと思いましたが、それを割り引いても明らかにFC4Aのほうがしっくりきます。ひょっとしてアクション機構が変わったのか?と思ったので調べてみることにしました。

これは前モデルのFC4の裏ぶたを外してみたものです。黄丸の部分に「薄板バネ(?)」が見えますが、FC4はこのバネの弾力を利用している構造のようですね。これは44年間変わっていないのでしょうか?
追記:ほぼ変わっていないそうです。

f:id:shimamura-music:20150116105722j:plain


つづいて新製品のFC4Aですが・・・・さすがにお借りしているものを分解するのは気が引けます・・ので、スキマからコッソリ覗いてみました。
f:id:shimamura-music:20150116105735j:plain


こちらは「圧縮コイルバネ(?)」を採用しているようです。スイッチ感知部分の詳しいスペックは後ほど調べてみたいと思いますが、安定した「ふみ心地」はこの「圧縮コイルバネ」機構のおかげなのかもしれません。

安定性が向上

つづいて肝心の安定性はどうなっているのでしょうか?非常に気になるところですが、その前にペダルが「徐々にズレて遠ざかってしまう」という厄介な現象についてあらためて考えてみましょう。

ペダルを踏む際、足は垂直方向からではなく若干斜め方向より踏みつけることになります。したがって力が分解され、ペダルには上から下への力と同時に前方方向への力も加わります(注:図はあくまでイメージです)

f:id:shimamura-music:20150116105744p:plain


その結果、ペダルには上図では右方向への力(F1)が加わりますが(摩擦力のおかげで)ある限界値以上の力が加わらない限りペダルは動きません(厳密にはさらにごくわずかな空気抵抗も加わっています)

もしペダルと接地面に摩擦力がなかったら、ペダルはきっと地上を永遠にさまよう等速度運動をおこなうことになります(でもケーブルがつながっているから大丈夫!)

さてお馴染みのクーロンの摩擦法則では 荷重を P、比例定数(摩擦係数)を μ とすると摩擦力 F は

F=μP

という式で表すことができます。


つまり物体の質量が大きいほど最大静止摩擦力は大きくなります。以上のことからペダルを安定させるためには下記の2種類の方法が導き出されます。

  1. 質量を大きくする
  2. 摩擦係数を大きくする

手っ取り早いのは質量。高密度の金属などを使用し、ペダルの重量を50kgくらいにすればスケートリンク上でない限りまず大丈夫!しかしコストもかかるし誰も欲しいとは思わないでしょう・・・そこで第二の方法となるわけですが、なんと摩擦係数を大きくするためにこの FC4A にはゴム性のストッパーが前後に装着されているではないですか!

前部:このゴム?の絶妙な角度が抜群の安定性を生み出しているように見えます。

f:id:shimamura-music:20150116105829j:plain

後部
f:id:shimamura-music:20150116105838j:plain

前モデルFC4と比較してみましょう・・あきらかにFC4Aの摩擦係数対策は優れているように思えます。

f:id:shimamura-music:20150116105845j:plain


最初の写真で写っているカーペット上で試したところ、FC4はするする動いていってしまったのですが、FC4Aはびくともしませんでした(通常の演奏です)

安定性実験

「それってほんとうなの?」という方のために論より証拠、FC4とFC4Aの安定性比較実験をおこなってみましょう。どこにでもある一般的なテーブルの上に新旧モデルを並べ徐々にテーブルを傾けていき、どの角度まで滑落を耐えることができるのか試してみました。

注)でんじろう先生立ち会いのもと・・ではないので、あくまで参考としてご覧ください。


(※2)器物破損や大怪我をする可能性があるとても危険な実験です。皆さんは決してマネをしないでください

それではスタート!
f:id:shimamura-music:20150116105934j:plain

約40~45度傾けたあたりで、早くもFC4は脱落。儚くも奈落の底に落ちていってしまいました。
f:id:shimamura-music:20150116105943j:plain

予想以上に粘るFC4A・・・しかし、角度が65度付近を超えるとさすがの FC4A もギブアップ。FC4Aはこの直後、実験スタッフの差し出す座布団に無事キャッチされ無事でした。
f:id:shimamura-music:20150116105951j:plain


では動画でご確認ください。


いかがでしたでしょうか?安定性と耐久性が向上した新しいフットスイッチ「FC4A」は、これからのシンセサイザー&キーボードプレイヤーには必須のアイテムとなることでしょう。たかがフットスイッチ、されどフットスイッチ・・・奥が深いですね。

なおハーフペダル機能が必要な方はFC3(ステレオ標準プラグ)をお買い求めください。その際、お使いのキーボードがFC3対応機種かどうか必ずご確認下さい。

左からFC3、FC4、今回試したFC4A
f:id:shimamura-music:20150116110003j:plain

FC4A
本体サイズ:276mm × 89mm × 69mm 0.7kg

ハーフペダル対応のFC3はこちら

【関連記事】

踏み込み時の安定性が改良されたサスティーン・ペダルスイッチ「FC4A」発売 | Digiland (デジランド) 島村楽器のデジタルガジェット情報発信サイト



※1)FC4Aの動く速度は光速に比べて極めて小さいので相対性理論運動方程式を考慮する必要はありません。


参考文献:

大人のための高校物理復習帳 (ブルーバックス)

大人のための高校物理復習帳 (ブルーバックス)


デジタル楽器のレビューは「Digiland」でチェック!

島村楽器株式会社のデジタルガジェット情報配信サイト「Digiland」
「Digiland」は島村楽器株式会社のデジタルガジェット情報配信サイトです。

デジタル関連商品、DTMMIDIシンセサイザー、レコーディング等に関する最新ニュース、役に立つ情報等を随時お伝えいたします。
島村楽器の専門スタッフが、新製品、各種イベント、コラム等、日々更新してまいります。

2015年春 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記 3月10日号 その2

皆さまBuongiorno!
弦楽器アドバイザーの糸山です。

f:id:shimamura-music:20150405165840j:plain
こちらはクレモナの博物館"Museo del Violino"。

ちょうどロシアが所有しているStradivari作の貴重なヴィオラが特別展示されており、マイスター茂木、中、間藤は教養のために見に訪れました。ストラドのヴィオラは10本しか現存しておらず、大変希少なコレクションなのです。
※博物館の中は撮影ができず・・・、ご了承下さい。

f:id:shimamura-music:20150405165832j:plain
ロシア連邦からクレモナのマスターピースの数々がやってきていました。

昨年は競売大手Sotheby's(サザビーズ)でもStradivariヴィオラの名器「Macdonald」が競売にかけられ、すわストラドの最高またもや更新か・・・と思われましたが、設定金額のあまりの高さに落札には誰も手を挙げなかったようです・・・。

詳細リンク↓


さて、次のアポイントの時間です。

f:id:shimamura-music:20150405165830j:plain
チャリでキタ!、チャリダー茂木。

今回ご紹介致します製作家は、昨年の秋に初登場したマエストロ、アドリアーノ・スパドーニ氏のアトリエを訪問です!

続きを読む

2015年春 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記 3月10日号 その1

皆さまBuongiorno!
弦楽器アドバイザーの糸山です。

f:id:shimamura-music:20150329162553j:plain
クレモナの街のシンボル大聖堂と時計塔。

そして買い付けチーム一行は、弦楽器の聖地イタリア・クレモナへとやって来たのであります!

f:id:shimamura-music:20150329162550j:plain
Cremona駅までお迎えにきてくれたマエストロ・アンドレア・シュッツ氏とプラットホームでのワンショット。

秋のMondomusica(弦楽器の国際見本市)の喧騒とはかけ離れた、普段のクレモナの風景。街はとってものーんびりしたのどかな雰囲気。時間はゆっくりと流れています。

f:id:shimamura-music:20150329162552j:plain
人通りもまばらなクレモナの街はとっても静か。

街の中心にあるいくつものバイオリン屋さんも、時間通りお店が空いてなかったり、カレンダー通り営業していなかったり、この時期はちゃんとアポイントを取っておかないと、突撃してみたら居なかったとか、『臨時休業 1ヵ月後に戻りますチャオ♪』(店前張り紙)・・・なんてことも珍しくありません・・・(笑)

f:id:shimamura-music:20150329162557j:plain
でも筆者は、そんなお気楽なクレモナの街がとても気に入っております。

そして、ブログをご覧の皆さまにまず訴えたいのは、初めて訪れた札幌クラシック店バイオリンインストラクター:中倫子大先生は、仕事も忘れてノリノリなのであります!

続きを読む

2015年春 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記 3月9日号 その3

皆さまBuongiorno!
再び札幌クラシック店バイオリンインストラクターの中倫子(なかさとこ)です。

f:id:shimamura-music:20150322162248j:plain
ミラノ中央駅からヴェネツィア行きの特急に乗り込むマイスター茂木と筆者。

Milano Centrale駅から電車で2時間あまり、マイスター茂木と筆者はPadova駅に到着しました!

f:id:shimamura-music:20150322162305j:plain
パドヴァ駅で筆者。


パドヴァは、ヴェネツィアに程近いヴェネト州の都市のひとつで、大学の町として知られています。町一番の大きな大学「パドヴァ大学」にはかつて、あのガリレオガリレイや地動説を唱えたコペルニクスや詩人のダンテなどが教鞭をとっていたそうです。

f:id:shimamura-music:20150322162304j:plain

さっそく、駅から数分のところにあるGiovanni Lazzaro氏の工房へ。 昨年オーダーしていたバイオリンが仕上がったとのことで、確認のために訪れました!

続きを読む

2015年春 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記 3月9日号 その2

皆様Buon giorno!
島村楽器福岡クラシック店:弦楽器アドバイザーの間藤です。

f:id:shimamura-music:20150316154406j:plain
ベッレイ氏お気に入りの広場にて、筆者。

ベッレイ氏アトリエの近くにある行きつけの名物トラットリア「TRATTORIA ERMES」にてランチ、郷土料理ボロネーゼ風ラザニアをば。

f:id:shimamura-music:20150316154432j:plain
ここには紙や黒板に書かれたメニューが無く、日替わりメニューを口頭で2種類言われて、それを注文をするという、地元でも珍しくなった昔ならではのスタイルなんだとか。

f:id:shimamura-music:20150316154505j:plain
『とてもヘビーな料理だから、無理して全部食べないで残してね』という忠告もむなしく、青ざめるベッレイ氏を前にペロリと平らげたブログ編集長糸山氏。後ほど腹痛を訴えることになることは、想像に難くありません・・・(笑)

それでは、前号に引き続きモデナが生んだ天才弦楽器製作家マルチェロ・ベッレイ氏に切り込んでゆきたいと思います!

続きを読む

2015年春 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記 3月9日号 その1

「真実はワインの中にある。」

f:id:shimamura-music:20150316103654j:plain
いいえ、ワインではなくバイオリンの中を見ましょう・・・、マイスター(笑)


皆様Buon giorno!
島村楽器福岡クラシック店:弦楽器アドバイザーの間藤です。

突然ですが、ブログ原稿作成以外にも様々な脅威に追われている糸山編集長にかわりまして(笑)、本号は編集長指導のもと、間藤がご案内致します。
買い付けチームはフランス・パリ、ベルギーブリュッセルから1日の移動日を挟みまして、次なる目的地イタリア・モデナへと到着しました!

続きを読む

2015年春 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記 3月7日号 その3

皆様Bonjour!
札幌クラシック店:バイオリンインストラクターの中倫子(なかさとこ)と申します。

f:id:shimamura-music:20150314125410j:plain
カプチーノをいただく筆者。

マイスター茂木と私が訪れたベルギー買い付けの旅行記ですが、もう疲れ果ててフォークも持てない…でも日本食が食べれるならお箸ぐらいなら持てるカモ......という茂木翁に代わりまして、糸山編集長の指導のもと、わたくしが筆を進めて参りたいと思います(笑)

f:id:shimamura-music:20150314125407j:plain
早朝のパリ北駅Garb du Nord。パリからブリュッセル行きの電車はここから発着します。

f:id:shimamura-music:20150314125408j:plain
電車の発着ホームと出発時間を表示する掲示板は、旅の雰囲気満点。

f:id:shimamura-music:20150314125411j:plain
「Train Rouge(赤い電車)」の愛称で親しまれている高速鉄道THALYS。パリとブリュッセルを僅か1時間20分で、最高時速300kmで走行します。

ブリュッセルの素晴らしい建造物とチョコの匂いに感動しつつ、本日の目的地ピエール・ギヨーム氏のアトリエ「Maison Bernard(メイソン・ベルナール)」へお邪魔しました。

続きを読む

2015年春 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記 3月7日号 その2

日本食をお腹に入れてエネルギーチャージ。
洋食に疲れた胃が喜んでいるのが分かります。

f:id:shimamura-music:20150314124212j:plain
でも、あとで冷静に考えてみて、焼き鳥丼はコレで€12(≒¥1,560)はチョット頂けません。

皆様Bonjour!
どーも島村楽器弦楽器アドバイザーの糸山です。

f:id:shimamura-music:20150314124213j:plain
いよいよParis買い付けも大詰め。フランス人と一緒に居ても結構迷ったPorte de Champerret駅前。

さて、続いてご案内致しますオールドバイオリンは、レストレーションのプロフェッショナルの工房で入手しました。
まずは、Parisで活躍する弦楽器のエキスパート、ムッシュ・ヒューグ・パウミエーレ氏をご紹介致します。

続きを読む